国登録有形文化財

玉椿旅館は、2012年に、建物全体が国の登録有形文化財に指定されました。「木造2階建の大広間棟の北西に厨房と客室、西に浴室、別棟座敷等が接続(報道発表資料より)」。この複雑な平面は、横綱が出る度に客室の増築を重ねたという、ちょっとかわった歴史からできたもの。今日の玉椿旅館をかたちづくった背景(物語)と、建築当時の技術の高さが評価されて、約3年間の調査の末、指定へといたりました。

館内でもとくに建築技術の高さがわかるのが、2階の大広間です。40畳2間計80畳の続き間で、天井は折上格天井(おりあげごうてんじょう)という構造。この天井のつくりは、書院など格式のある空間でよく用いられているものだそうです。ちいさな温泉まちでも、描いた夢は大きかったということでしょうか。大広間で天井を見上げていると、創業者の「大事を成さん」という強い思いが伝わってくるような気がするのです。

 

ご利用に際しておねがい

1W9A9252

s-dsc00112

築100年近い木造建築ですので、どうか大事にあつかってくださいますよう、お願い申し上げます。また、先に述べたとおり、当館は増築の歴史の上にある旅館です。廊下は、ぎしぎしと文句を言いますし、増築部分ではゆがみが出ており、傾き等もございます。愛嬌だと思って、ご容赦いただけますと幸いです。

 

全館禁煙です。灰皿の用意はありますので、玄関先でおねがいします

・建具のあつかいは丁寧にお願いします

・置物には割れやすいもの、繊細なものもございます。お手をふれぬようにおねがいします

・走ったり、飛んだりは、ご遠慮ください

・階段はお気をつけて昇降してください。むかしながらの、急で幅の狭い階段です

 

 

親しまれる文化財に

■見学無料

ご宿泊や入浴で旅館をご利用の方はもちろん、立ち寄りの方でもご希望があればご案内いたします。ときに難しい場合もございますが、お気軽にお尋ねください。

■スペースレンタル

40畳2間の大広間をはじめ、12畳6畳続き間の客室など、レンタルスペースとして開放しております。展示会、イベントなど、目的にあわせて、お時間・金額等ご相談ください。活用例は、下記の記事からもご覧いただけます。
 
 
 


イベント情報に関する記事