お相撲さんがつくった温泉宿

大正12年。大阪相撲の十両力士だった山口県出身玉椿関が、引退後、ふるさと川棚の相撲文化への貢献と地域観光の活性化のためにと創業したのが「玉椿旅館」です。

創業当初は相撲一行の常宿でした。新横綱が誕生するとその名の客間をつくり、最初の客として横綱本人を招いていたのです。そんな増築の繰り返しが迷路のような間取りをつくったりと、歴史の小話がたくさんあるのも、当館のおもしろさ。

現在稼働している客間の名もすべて、明治~大正の時代に活躍した往年の名横綱のもの。館内では、手形や化粧回しなど大相撲にまつわる品々をご覧いただけます

HP0034
HP0019
HP0021

増築やお部屋に関するおはなしはこちらでも >

 

小兵なれど、志は大きく。創業者 玉椿関

明治19年、山口県下関市豊浦町生まれ。本名、藤井光太郎。

土地相撲で身体をならし、力士となったのは数え18の歳(明治35年頃)。大阪相撲にその名を残したのは、明治44年2月場所から。湊部屋の所属で、大正2年5月場所に新十両となりました。大正9年5月場所を最後に引退。故郷である川棚に戻り、地元の相撲文化・観光の発展のために、玉椿旅館の経営をはじめました。

業界を退いたのちも相撲への情熱は衰えることなく、県相撲協会会長、アマチュア相撲の日本相撲連盟顧問、日本相撲協会目代を就任。生涯を通してプロアマ問わず相撲文化の発展に尽力しました。昭和40年3月に79歳で他界。相撲文化だけでなく、川棚温泉の観光事業開発に大きな功績を残したと言われています

 

100年の物語をつむいで

のれんをだした創業当初、湯治場として栄えていた川棚温泉で、館内に内湯を備えた旅館は玉椿が初めてだったそうです。巡業の宿として華やいだ時代には、ひたすら増改築を繰り返し、旅館という空間において重要視される庭という庭をほとんどなくしてしまいました。消防法の改定により3階部分を減築。そのかたちを最終形態として、いまもなお、当時の状態を保持しています。建具や欄間の繊細なほどこしは、最初の客人である横綱に向けられたおもてなしのこころ。ふるい旅館ではありますが、100年の歴史の上に生まれたたくさんの物語がひとつひとつ脈となって、大きな空間を息づかせてくれています

s-dsc00112
1W9A9270
1W9A9326

玉椿旅館に関する記事