8月28日号トライアングル

山口の情報誌・トライアングルで、町サロン キハルを紹介していただきました。しかも、巻頭特集で見開き2Pです。小さなサロンにはもったいないくらいの大きさです、ありがたやありがたや。「サロン、サロン」って呼んでますが、おんぼろアパートの一室ですから 笑

 

キハルは、旅館から下駄を鳴らして歩いて行ける距離に、お茶のみスペースとして開いた場所。スキマみたいに小さな場所からでも川棚温泉に貢献できるように、母体の旅館から「椿」の漢字をとって、人がたくさん「来はる」ように、「キハル」という名前をつけたんです。最近は、スペースレンタルに力を入れていて、町の人が主役になれる「1日店長」というハコ貸しをしてみたり・・・日常を楽しむ小さな実験室のようでもあります。

 

まだまだ発展途上なので、これからどんなふうに育っていくか未知な部分もありますが、「なんか楽しそう」「なんかはじまりそう」みたいなわくわく感をまとった場所でいたいなあ~そんな〝これから〟の瞬間を取材していただきました。

 

山口の書店やコンビニで手に入れることができると思いますので、ぜひご覧ください。

 

IMG_2741   IMG_2744

 


カテゴリー


キーワード